ガソリンカード タイプ

ガソリンカード・種類

ガソリンカードを分類すると3つのタイプに分けることができます。
もちろん例外もあり、あくまでも大きく分けるとです。

まず一つ目は、一番手軽で多いタイプが
ガソリンカード常時キャッシュバックタイプです。

給油の精算にガソリンカードを利用する都度に、
常に一定のキャッシュバックが受けられるのがこの常時キャッシュバックタイプです。

ガソリンカードで給油1リッターにつき何円といった形でキャッシュバックされるのです。

普通のポイントバックのように決められた一定ポイントを貯めないといけない
といった面倒さがなく、先月給油した分を今月のカード利用明細上で
すぐにキャッシュバックしてくれるというお手軽さが魅力のタイプです。

このタイプの代表的なカードは、出光カードまいどプラスですね。

そのほかには、キグナスカードやシナジーJCBカード、
それに九州石油のストークカード、などが該当します。

このタイプは年会費がかかるカードも多いのですが、
出光カードまいどプラスは年会費が永久無料なので、
ガソリンカードを持つ場合には、とりあえずの1枚としては最適なカードと言えます。


また、その変形タイプもあり、昭和シェルのスターレックスカードは、
半年間のガソリンカードの利用額に応じて
リッター当りのキャッシュバック単価が変更される仕組みになっています。

人気のNTTグループカードも変形型といえ
出光での給油時に利用できるカードですが、
前月の給油額に応じて当月のキャッシュバック単価が決まり、
翌月のカード明細でキャッシュバックされる仕組みになっています。


次は、ガソリンカード、カード利用総額タイプ
「常時キャッシュバックタイプ」のガソリンカードは、
ガソリンの給油量に対してキャッシュバックがなされましたが、
ここで紹介するのは、毎月のカード利用総額に対してキャッシュバック単価や
キャッシュバック率が決定されるというタイプのものです。

ある月のカード利用総額が例えば5万円でそのうちのガソリン代が1万円だったとします。

その場合でもガソリン利用額の1万円分ではなく
総額の5万円分が対象となるのです。

カード利用額が5万円の場合のキャッシュバック率が10%で
1万円×0.1=1,000円のキャッシュバックが得られるといったイメージです。

ガソリン代やその他ショッピングの支払い総額に応じて
ガソリン代のキャッシュバック率、あるいはキャッシュバック単価が
決定されるので、毎月のカード利用額が多い人ほどメリットが大きくなります。

この手のタイプのガソリンカードのメリットは、
特定系列のガソリンスタンドだけに縛られずに、ショッピングや
他の利用でもカードさえ使えばキャッシュバック対象となるので、
カードの利便性が高いという点にあります。

キャッシュバックが受けられるガソリンスタンドが縛られない分、
近隣の最も安いところで給油しつつ、さらにキャッシュバックも受けられる。

その点はメリット大ですが、毎月のカード利用総額が
一定基準を満たすことが条件になるので、そこがネックになる人もいるでしょう。

この手のガソリンカードには、CFカードやJCBドライバーズプラス、ROUTE2000などがあります。

最後に、
ポイント獲得タイプのガソリンカードですが
文字数が多くなりますので別記事に書きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。